コンサルタント的存在 | DMPという広告用のシステムが開拓する新たな広告アプローチ

DMPという広告用のシステムが開拓する新たな広告アプローチ

コンサルタント的存在

解析結果の活用

DMPを活用することによってウェブサイトの解析を行うことができることは大きな特徴の一つです。そして、同時に着目したい特徴に、解析結果からウェブサイトの改善点を洗い出してくれるという点があります。
ウェブサイトを作成するときに、多くの作成担当者は自分の作りたいものを優先してしまう傾向にあります。そして、担当者が作りたい良いものと、ユーザーにとって良いものは往々にして剥離していることがあります。
制作者と利用者が求めているものにズレが有るという問題は、ウェブサイトの構築とは創造性のある分野だという特徴があるからこそ陥りやすい問題です。
だからといって、今公開しているウェブサイトがユーザーにとってどう不利益なのかということを自分の目で判断することは難しいです。
ユーザーの目線でウェブサイトを閲覧してもそれは想像でしかなく、明確な答えを発見することとは程遠いケースも少なくありません。だからといって、ユーザーに直接アンケートを取ることも難しいです。
そこで、ウェブサイトの解析結果とユーザーの行動傾向を集積できるDMPに問題点を指摘してもらうことができる点は、非常に有用な意味を持ちます。
DMPにとってユーザーの姿を明らかにすることはとても簡単なことで、ウェブサイトを通して人間には見えない相手の姿を明らかにしてくれる機能があります。
ですから、DMPの機能にはウェブサイトの問題点を洗い出す機能もあります。その機能は、ウェブサイトの改善に活用できるコンサルタント的な存在になってくれます。
問題点をわかりやすく図示してくれるDMPは、間違いなく成長につながる手段です。