言葉の意味を知る | DMPという広告用のシステムが開拓する新たな広告アプローチ

DMPという広告用のシステムが開拓する新たな広告アプローチ

言葉の意味を知る

情報管理の仕組み

DMPという言葉は、データマネージメントプラットフォームという言葉の頭文字から作られた頭文字語です。そして、DMPという言葉を言い換えれば顧客の情報を収集管理して活用する動作ができる仕組みとも説明できます。
もともと企業は自分たちの取引相手のことを自分で整理して管理できるように、例えばファイルを作ってまとめたり、もしくはパソコンに情報を登録していったりするような作業を行っていました。
それをコンピュータに任せて一定の仕組みとして稼働できるようにしたのが、DMPです。
DMPというシステムを導入することによって、顧客の情報をまとめあげて、それをデータベースとして蓄積して、さらに分析するような管理取り扱いを行うことができます。
今までは人的な管理が行われていたものがパソコンに任せられるようになって、もっとわかりやすく、もっと手早く、もっと有用に活用できるようになったといえます。

二種類の意味

DMPというシステムは、大きく分けるとオープンDMPとプライベートDMPに分けることができます。これらにおいて、顧客の情報を収集するという基本的機能は変わりません。ですが、誰がどのように使うのか、という点に細かな違いがあります。この点から、プライベートDMPはオープンDMPに含まれる要素の一つだといわれています。
DMPという言葉を耳にするとき、顧客の情報を集積するシステムという広い意味の点ではオープン型を指していて、企業が自社の顧客情報を集積して活用していくためのシステムという狭い意味ではプライベート型を指しています。
そして、今DMPという言葉を耳にする場合、多くの場合は後者の意味を指していると考えられます。