グーグルとの連携 | DMPという広告用のシステムが開拓する新たな広告アプローチ

DMPという広告用のシステムが開拓する新たな広告アプローチ

グーグルとの連携

サイト解析のシステム

DMPという言葉は非常に幅が広いです。例えば、Googleが提供しているGoogle Analyticsというサイト解析のシステムも、顧客情報を分析できる要素があることから、DMPの一つだといわれることがあります。
ただし、Google Analyticsの場合はどちらかと言えばアクセス解析ツールとしての側面が強くて、顧客の姿を導き出すためのツールとしては強いものではありません。
Google Analyticsにおいては、アクセス数やアクセス時間数、アクセス元の端末や離脱したページなど、顧客の姿を導き出すための情報は提供してくれます。ですが、その情報から相手の姿を想定するのは、ユーザー側で行うことです。
そこで、Google Analyticsと連携できるDMPを専門に扱うシステムを導入することで、収集した情報をDMP専門のシステムで解析して、自動的に顧客の姿を導き出せる環境を構築できます。
Googleのサービスと連携できるDMPを利用することは、間違いなくウェブサイトの改善につながります。

簡単な導入方法

Google Analyticsと連携できるDMPを活用するときには、導入するのが簡単だということにも着目したいところです。
簡単な導入方法で利用できる根拠として、グーグルアカウントを所有してGoogle Analyticsを適用しているウェブサイトなら、そのアカウントをDMPに登録して連携するだけで良いからです。
この点は、ウェブマーケティングにおいて必要な接触者の洗い出しを簡単にするためのハードルを大きく下げてくれます。