集積できるデータ | DMPという広告用のシステムが開拓する新たな広告アプローチ

DMPという広告用のシステムが開拓する新たな広告アプローチ

集積できるデータ

システムの違いを知る

DMPの機能は顧客情報を集積して活用できるシステムという点に特徴付けられます。ですが、ここで気になるのは他にも顧客情報を管理できるシステムとして、CRMが有るということです。
CRMこと顧客関係管理システムとDMPの差は、一体どこにあるのか。それを知ることが、DMPをより深く理解することにつながります。
そして、その理解につながる鍵は、DMPとCRMで取り扱っている顧客情報の範囲が違っている、という点にあります。

取引と接触の違い

DMPが集積できるデータ、それはあるウェブサイトにシステムを関連付けることによって得られる、対象となるウェブサイトを来訪した人物のサイト内行動や、来訪したきっかけの検索結果ページなどの情報です。
そして、インターネット上でウェブサイトを閲覧している人の行動をまとめていくと、それぞれ目的に沿った行動パターンがあることが見えてきます。ですから、検索履歴やアクセス履歴、利用端末やサイト滞在時間などの行動を通して、今まで見えなかった相手の姿を可視化できます。
このような、いわゆるユーザーの接触情報を重点的に収集して相手の姿を明るみにしてくれるのがDMPです。それに対して、すでに取引のある顧客の情報を取りまとめているのがCRMです。
顧客関係管理システムとも呼ばれるCRMが取り扱うのは、顧客の実年齢や住所、購入履歴などの具体的な取引データです。この段階で、DMPが取り扱っている「情報」とは傾向が違います。
CRMは、取引をしていないものの関心を持ってくれている顧客の情報を収集することはできません。
反対に、DMPは既存の顧客情報に対する具体的な個人情報を収集することはできません。
ですが、DMPが収集したウェブサイト閲覧者、すなわち接触者の情報を、CRMで収集した既存取引客の情報と連携させることはできます。
つまり、DMPとCRMはどちらか一つがあれば良いというものではなく、2つの柱として上手に連携させていくことがとても大切だと導き出せます。